iMacでの動画編集に向いている人の特徴4選

iMacで動画編集をしている方、又はこれから考えている方も多いかと思います。
iMacは2021年春にリニューアルし、24インチモデルのポップなデザインとM1チップ搭載が話題になりました。

プロの現場でも多く使われており、iMacは動画編集に向いているモデルなのですが、
それでも向き不向きがあります。

結論から申し上げますと、以下の様な人にiMacでの動画編集がおすすめです。

  • 屋内でのみ使う
  • コスパを重視する
  • 他社のモニターを使う予定が無い
  • シングルモニターで使う

記事の信頼性ですが、Rebesterでは数多くの動画制作実績があり、
動画に関する知見も豊富です。
初めての方は、こちらから動画素材をご覧ください。

主にこれからiMacの購入を検討し、動画編集をする予定のある方の参考になれば幸いです。
それではよろしくお願いいたします。

屋内でのみ使う

当然ですが、iMacは屋内用のモデルです。
屋外での使用はMacBook Pro又はMacBook Airが選択肢になります。

RebesterではMacに関する動画記事をいくつか扱っておりますので、
是非そちらも併せてご覧ください。

関連記事:MacBook Proで動画編集をするのに向いている人とは

関連記事:Mac miniで動画編集をするのに向いている人とは

コスパを重視する

iMacのコスパは良い

改めてiMacのモデルを見てみましょう。

今回は24インチと27インチモデルを比較いたします。
(iMacには21.5インチモデルと、更にiMac Proがあります。)

 

24インチiMac 27インチiMac
24インチiMac 27インチiMac
154,800円(税込)から 213,800円(税込)から
8コア 最大10コア
Apple M1チップ Intel Core i9プロセッサ
最大16GBのユニファイドメモリ 最大128GBメモリ
最大1TBのストレージ 最大8TBのストレージ
広色域(P3) 広色域(P3)
4,480 x 2,520ピクセル 5,120 x 2,880ピクセル

まず値段ですが、24インチモデルは154800円(税込)から購入可能です。
この場合、最低限のスペックですので物足りないと感じる人もいるでしょう。

ですが、4.5KのP3ディスプレイを含めてこの値段ですので、
iMacのコスパの良さが伺えます。

同等の品を別途モニターで用意すると、5万円はくだらないでしょう。
iMacはPCとモニターがセットでこの値段ですので、お得感があります。

Apple M1チップの評判も良好です。
intelのチップに引けを取らないスペックと消費電力です。
なお、27インチは自動的にIntelのチップになります。

注目したいのが、24インチモデルのP3ディスプレイで4.5Kのディスプレイです。

P3とは、色域の1つです。
iPhoneと同じ色域で、今まで使われていたsRGBよりも色の再現性が広く、
これからも重宝される形式でしょう。

更に4.5Kの解像度を誇ります。
24インチで4.5KというのはPCモニタとしてはかなり高解像度な部類に入ります。
4Kの動画編集をしながら他のUIを表示させられるのがメリットですね。
通常の使い方としてはオーバースペックかもしれません。

恐らく今後27インチモデルもアップデートがあると思われますが、
現状は24インチモデルの売り込み方が印象的です。
オプションを幾つも追加しない人にとっては
非常にコスパの良い商品と言えるでしょう。

他社のモニターを使う予定が無い

他社のモニターを使わない人にとってiMacは選択肢の1つ

 これも非常に重要な点です。

他の記事でも紹介しましたが、Macを使いつつ、他社のモニターと併用する
というのはよくあるケースです。

色の再現度が高いEIZOのCOLOREDGEシリーズや、
最近ではウルトラワイドモニターなども選択肢の1つでしょう。

iMacの場合、モニターとセットですから、
基本的にAppleのモニターを使うことになります。

先ほど申し上げた通り、P3ディスプレイで高解像度のiMacのモニターは
非常に優れています。
しかし、上記の様な他社のモニターを使いたい場合は、
iMacよりもMac miniやMac Proをお勧めいたします。

シングルモニターで使う

動画編集の場合は、モニターを2枚使ういわゆるデュアルディスプレイを用いる場合があります。
これによって1枚は完成形のビューワー用にして、
1枚は作業用などに分けるといった事ができます。

このデュアルディスプレイの場合、色域や解像度の面から
基本的には同じ型番のディスプレイをお勧めいたします。

しかしiMacの場合、デュアルディスプレイにしようとすると
同じモニターで揃えるのはコスパが悪いことになってしまいます。

同じモニターで揃えなくても良いという人は良いですが、
デュアルディスプレイを同じモニターで揃えたいという人には
iMacはお勧めできません。
モニター単体で売っているのは、AppleではPro Display XDRのみです。

iMacを選ぶ基準は「モニター」

いかがでしたでしょうか。

iMacはその性質上、モニターが鍵を握っています。
他社製のモニターを使わない、
デュアルディスプレイを考えていないといった
モニターに関する条件をクリアできる方にはおすすめのモデルです。

特に24インチモデルに関してはコスパが良く、
動画編集の入り口のモデルとしては良いかもしれません。

がっつりと編集をしたいという方には27インチモデルをお勧めいたします。